JPモルガンCEOのジェイミー・ダイモン氏「FRBのジェローム・パウエル氏は利上げの可能性がある」

アナリストらはジェローム・パウエル氏が利下げを発表する日を心待ちにしているが、JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、代わりにウォール街がひどいショックに見舞われる可能性があると懸念している。

ダイモン氏は、FRBが利下げではなく、現在の20年ぶりの高水準を超えて利上げする可能性があると懸念している。

同氏は、それが街に衝撃を与えるだけでなく、経済全体がこの決定に備える準備ができていない可能性があると述べた。

「リスクと金利を検討するとき、将来がどうなるかを必ずしも推測できるわけではありません。 [we are] さまざまな結果を検討している」とダイモン氏は述べた。 CNBCに語った 上海で開催されたJPモルガン・グローバル・チャイナ・サミット中。

「金利は少し上がると思いますか?はい、そう思います。そうなった場合、世界はそれに備える準備ができていますか?実際はそうではありません。」

これは経済学者のコンセンサスに対する警告だ。

ロイターは今月初め、中銀が利下げを開始すると予想する時期を尋ねたエコノミスト対象の継続調査を更新した。 調査対象となったエコノミストの3分の2近く(108人中70人)は、最初の利下げは9月に5.00─5.25%の範囲で実施されると考えている。

こうした予想は、エコノミスト26人が7月に利下げを予想し、4人が6月に利下げを予想していると回答した1カ月前のより楽観的な見通しから変化した。 5月までに11社が7月の利下げを待っていたが、6月に下方修正が行われるとは誰も信じていなかった。

粘着性のインフレ

ダイモン氏の意見はコンセンサスからは外れているかもしれないが――金融業界のベテランである68歳のダイモン氏は、銀行家たちは誤った安心感に「騙されている」と述べている――彼の推論はよく知られている。

同氏は「インフレは人々が考えているよりも堅調な可能性があるだろうか?その可能性は他の人々が考えているよりも高いと思う」と説明した。 それはまだシステム内にあります。 それは依然としてこの流動性を推進し、市場が上昇し、特定の資産の価格などが上昇します。

「だから私は慎重なんです。」

実際、インフレは中央銀行が期待していたほど緩和的ではない可能性がある。 米国労働統計局が発表した4月の最新データによると、消費者物価指数は季節調整済みで0.3%上昇し、3月は0.4%上昇した。

全商品指数は4月までの12か月で3.4%上昇したが、3月までの12か月の3.5%と比べると小幅な上昇となった。

一部の要因はFRBに有利に働いているものの、労働統計局は今月初め、米国の雇用主が4月に追加した雇用数はわずか17万5,000人と報告した。そしてFRBのインフレとの戦いが好転する前に悪化する可能性があると警告したのはダイモン氏ではない。

昨年シティグループCEOのジェーン・フレイザー氏が最高位にランクイン 幸運を「最も強力な女性リスト」 – 歴史を参考にすると、インフレ抑制の後半は常に最初の景気後退を達成するよりも困難になると説明しました。

同氏は10月、「すべての数字」が経済が軟着陸しつつあることを示唆していると述べたが、経済計画の後半は「厳しい後半」だと述べた。

ダイモン氏――今後5年以内に引退するつもりだと述べて市場に衝撃を与えたダイモン氏は、頑固なインフレは米国にとって「悪い」結果、つまり停滞と同氏が考える結果につながる可能性があると述べた。

同氏はさらに、「さまざまな結果が予想されるが、繰り返しになるが、われわれ全員にとって最悪の結果は、いわゆる停滞、金利高、不況だ。つまり、企業利益は減少するが、われわれはそれらすべてを乗り越えるだろう。つまり、世界はそれを乗り越えましたが、その可能性は他の人が考えているよりも高いと思います。

CFO Daily ニュースレターを購読して、企業財務を形成するトレンド、問題点、経営陣に関する最新情報を入手してください。 無料でお申し込み頂けます。
READ  冬至は木曜日にあたり、一年で日が最も短くなる日です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です