LAギャラクシーがローズボウルでの記録破りの「エル・トラフィコ」クラシックでLAFCを破った

LAギャラクシーは火曜日、「エル・トラフィコ」シリーズの最新試合で満員の観衆の前でローズボウルでLAFCを2-1で破った。 知っておくべきことは次のとおりです。

  • ギャラクシーのタイラー・ボイドが26分に18ヤードボックスの端からゴールを決めて先制した。
  • LAFCは57分にイリ・サンチェスのヘディングシュートで同点に追いついた。
  • しかし、ギャラクシーは73分にリッキー・プイグ・ボイドのアシストで先制した。
  • ロサンゼルスのクラブ間の独立記念日の試合は、MLSの単一試合の観客動員数の新記録を樹立した。 82,110 人のファン

アスレチック即時分析:

ギャラクシーはいかにしてLAFCに勝ったか

ジョナサン・ボンドが試合序盤にデニス・ブンガを拒否した後、第1ピリオドの残りはギャラクシーのドウグラス・コスタとプイグが主導権を握った。この2人は「エル・トラフィコ」の試合に向けて最善を尽くしてきた選手だ。 元ブラジル代表のコスタは、トリッキーなドリブルと背後に走り込む癖でLAFCのサイドバックを悩ませたが、プイグはライン間で浮き上がり、トランジションでチームを前進させた。

前半の最高の瞬間は、ボイドが18ヤードボックスの隅からジョン・マッカーシーのゴールの左上隅にカーリングシュートを決めて得点した時だった。 今シーズンのボイドのLAFC戦での3点目は、この機会にふさわしいゴールだった。 しかし、もしストライカーのプレストン・ジャッドがより臨場感を持っていたら、特にプイグが決定的な得点機を生かせなかったならば、ギャラクシーは2、3ゴール先で第2ピリオドをスタートできたかもしれない。

リーグ戦で2連敗中のLAFCは後半盛り返し、サンチェスのヘディングシュートで同点に追いついた。 これは、2022年にスポルティング・カンザスシティに加入したミッドフィールダーにとって、クラブにとって2点目のゴールとなった。 しかし、両者の違いを再び証明するのは、両チームが前回5月に対戦した際に見事な独走ゴールを決めたプイグだろう。 73分にはボイド。

この勝利でギャラクシーチームはプレーオフ進出までの勝ち点差を6に縮めた。 CONCACAFチャンピオンズリーグ決勝敗退後もLAFCの不振は続いており、全公式戦の直近11試合で2勝となっている。 — バーク

バックストーリー

シャーロットFCはこれまで、2022年3月にバンク・オブ・アメリカ・スタジアムで行われたクラブのホーム開幕戦でギャラクシーに1-0で敗れたときに樹立された7万4479人のMLS単一試合観客動員記録を保持していた。

火曜日のギャラクシーとLAFCの対戦は2月のMLS開幕週末に予定されていたが、悪天候のため7月4日に延期された。

このイベントは歴史上20回目の「エル・トラフィコ」であり、今年3回目のクラブ間の会合となった。 ギャラクシーは9勝、LAFCの6勝(5引き分け)でリーグをリードしている。 LAFCは4月にギャラクシーを3対2で破り、ギャラクシーは5月の全米オープンカップのラウンド16でLAFCを2対0で破った。

コンテストのハイライト



必読

(写真:三尾聖 / USA Today)

READ  アラバマ州の議員らは体外受精プロバイダーの保護を競う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です