LSUのキム・マルキーのプロフィールが家族と選手間の亀裂を詳述

ニューヨーク州アルバニー — LSU は土曜日に UCLA とのスウィート 16 の対戦を発表しました。 ワシントン・ポスト は、コーチのキム・マルキーの待望のプロフィールを発表し、家族の一部を疎外させ、彼女のコーチングスタイルに影響を与えた、特異な意欲と揺るぎない忠誠心を持った複雑な女性の肖像を描いた。

物語は、ルイジアナ州の田舎での生い立ち、父親や妹との疎遠、トレーニング計画、そしてそれが選手たちに与える影響など、彼女の人生のあらゆる側面に触れている。 また、2022年にロシアで294日間刑務所で過ごしたブリトニー・グリナーを含む数人の同性愛者との関係など、マルキーの論争の一部についても詳述した。

土曜日の試合前にESPNのホリー・ロウと話したとき、マルキーはこの記事が公開されたことを知らなかった。 「私の知らないことを教えてください」とマルキは言った。 「つまり、あなたは良いニュースでも悪いニュースでも、あるいはあなたが見たいものなら何でも伝える人なのです。

「本当に驚いたのか?そのタイミングに本当に驚いたのか」とマルキーは修辞的に答えた。 「しかし、私はそれを読んでいないことは言えますし、これから読むかどうかもわかりません。それについては弁護士に任せます。」

LSUのミドル・テネシーとの2回戦の試合前に読まれた声明を巡り、マルキー氏が同紙に対する法的措置を脅迫して以来、この1週間、同紙に注目が集まっていた。

その記者会見で、マルキー氏はポスト紙記者のケント・ポップ氏について次のように述べた。「彼は勝利の写真をまとめようとしていた。インタビューのために私を同席させようとして2年間努力した後、火曜日に彼はLSUに連絡した。トーナメント初の 12 問の質問。私たちはラウンドの準備をしていて、ティップオフの予定が入る前に答えを求めていました。冗談ですか?

「この種のジャーナリストに責任を負える立場にある人は多くありませんが、私は責任を負いますし、責任を負います。」

同紙は元選手らのインタビューや報道を引用し、ムルキについて「外見やセクシュアリティの誇示など、選手に対する憎しみや対立で知られる」と評している。

グライナーは彼が公の場で最も仲違いした選手であり、グライナーがロシアで投獄された後、それはさらに明らかになった。 マルキー氏は地元ラジオ局とのイベントを除いて、状況について公に話すことを拒否している。

LSUの元選手らがポスト紙に語ったところによると、番組関係者はグライナーについて言及したり、彼を支持するソーシャルメディアの投稿にコメントしたりすることを避けていたという。

マルキーの元ルイジアナ工科大学チームメイト、ミッキー・デモスはポスト紙に次のように語った。

「私はキムが声明を発表することを期待していた。きっとそうするだろう。あなたにはロシアに閉じ込められている子供がいる。つまり、それはあなたがこれまでに抱えてきたどの確執よりも大きい。彼らがどれくらいの期間滞在しているのかは誰も分からない。私たちは、彼女をそこに留めておきたいと思っていた。 [Mulkey] その時は上がるかも知れません。 彼女を家に連れて帰ってください。 しかし、彼女はそうしませんでした。」

マルキー氏は弁護士を通じて、グリナー氏を支持しなかったとするいかなる示唆も否定した。

他の選手たちは、ムルキでプレーする際に直面した問題について語った。 「キム・マルキーは素晴らしいコーチだ。私がベイラーに行った理由は彼のおかげだ」と2007年から2010年までマルキーでプレーしたケリー・グリフィンはポスト紙に語った。 しかし、グリフィンさんは同紙に対し、自分の服装について言及し、「彼女は私の人生を地獄に変えた」と語った。 グリフィンさんは、停職処分はマルキーが同性愛者であることが発覚した結果だと信じていると語った。 この出場停止により、グリフィンのキャリアは終わった。

マルキ氏の弁護士は同紙への書簡の中で、同性愛者に対する同性愛者の扱いが「あまりにも厳しく、あるいは異なっていた」と否定した。

2003年にベイラー大学に入学したエミリー・ニーマンさんは、キャンパス内で女性と一緒にいるところを目撃され、会議のためにマルキー氏のオフィスに呼ばれたとポスト紙に語った。

「見た目は良くない」とニーマンさんはマルキーさんに言われたとポスト紙に語った。 ニーマンは最終的に移籍したが、後にアウトスポーツの記事で「マルキーコーチは同性愛者だったからベイラーを去らなかった」と書いた。

同紙はまた、マルキーさんの父親のレスさんと妹のタミーさんにインタビューし、マルキーさんが育ったルイジアナ州の農場を訪問した。 彼女は37年間父親と話をしておらず、和解の試みを拒否しているとポスト紙は報じた。 マルキもトミーと口論になったが、何が起こったのかは投稿で明らかにしなかった。 「思い出が懐かしい」とトミーさんは投稿の中で述べた。 「すべてを返してほしい。」

マルキーさんは弁護士を通じて、2007年の自伝『Won't Back Down』で家族について詳しく語っていたにもかかわらず、ポスト紙が家族に連絡を取ったことに腹を立てていたと語った。

ムルキ氏は先週発表した声明の中で、ムルキ氏がインタビューに応じたという誤った印象を与えて騙そうとしたと元アシスタントコーチらを非難した。 同氏は、元選手たちから、ポスト紙が「私が連絡して私について否定的なことを言った場合、匿名のまま記事に載せることを申し出た」と聞いたと付け加えた。

浮かび上がった肖像画は、必ずしも彼女を完全に否定的な光で描いているわけではない。 といった感謝のコメントがありました。 マルキのトレーニングは激しいもので「精神的に消耗する。逆に、それは報われる」とニーマン氏はポスト紙に語った。 ルイジアナ工科大学の元コーチ、ソーニャ・ホッグ氏はポスト紙に、「彼女は完璧を好みます。それが彼女が常に探していたものです」と語った。

61歳のマルキー氏はLSUで3シーズン目を迎えており、昨シーズンにコーチとして4度目の全国タイトルを獲得した後、10年総額3,600万ドルの延長契約を結んだ。 彼はベイラーで 3 つのタイトルを獲得し、ルイジアナ工科大学の選手として 2 つを獲得し、1984 年のオリンピックではチーム USA として金メダルを獲得しました。

READ  スポーツベッティングの7つのヒント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です