NASAのエウロパ飛行は、氷の下で「何か」をかき混ぜていることを示唆している

エウロパの表面の模様は、氷の地殻が下の水の影響を受けていることを示唆しています。 さらに重要なことは、ジュノーの最近の訪問でプルーム活動がどのようなものか明らかになり、これが本当であれば、将来のミッションでは着陸することなく内海をサンプリングできるようになるだろう。

ジュノーがエウロパに最接近してからほぼ2年が経ちますが、その観測はまだ分析中です。 注目すべきは、2016年以来木星を周回しただけであるにもかかわらず、2022年9月29日にジュノーが撮影した5枚の画像は、2000年のガリレオ探査機による最後の訪問以来初めてのエウロパのクローズアップ画像である。

これは、太陽系の最も謎に満ちた世界の 1 つからの衝撃的な欠落を表していますが、何が変化したかを確認するためのより長いベースラインを提供した可能性があります。

エウロパは、内部の海による絶え間ない吸収のおかげで、太陽系で最も柔らかい天体です。 しかし、これには特徴がなく、ジュノーは幅 20 ~ 50 キロメートル (12 ~ 31 マイル) で、亀裂のパターンを示す急峻な壁に囲まれたクレーターをいくつか発見しました。真の極振動”。

惑星科学研究所のキャンディ・ハンセン博士は、「エウロパの氷の殻が岩石の内部から剥がれるときに真の極波が発生し、その結果殻に高い応力レベルが生じ、予測可能な破壊パターンが生じる」と述べた。 報告

真の極振動の背後にある考え方は、エウロパの内海にある殻が月の他の部分とは異なる速度で回転するというものです。 海の中の流れが貝殻の動きに影響を及ぼし、下の水を移動させて貝殻を引きずると考えられています。 木星とその大きな衛星の引力がエウロパを巨大な圧力球に変えると、エウロパの岩石の中心部内の加熱によって海流が引き起こされます。

その過程で、海と氷床の間の相互作用が伸縮し、ボイジャー 2 号の訪問以来見られた亀裂や隆起が形成されます。

ハンセン氏は、ジュノーが撮影したエウロパの南半球の画像を調査するチームの一員である。 「これらの破壊パターンが南半球でマッピングされたのはこれが初めてであり、エウロパの地表地質に対する真の極振動の影響がこれまで認識されていたよりも広範囲に及んでいることを示唆している」と科学者は述べた。

エウロパの地図のすべての変化が内部海流の結果であるわけではありません。 NASAですら目の錯覚に陥るようです。 「クレーター・クェーンはもうありません」とハンセン氏は語った。 「かつては幅13マイルの衝突クレーターであると考えられていたが、これはエウロパで記録されている数少ない衝突クレーターの1つであるが、ジュノコムのデータでは楕円形の影を形成する一連の交差する尾根としてクーンが明らかになった。」

しかし、ジュノは必要以上のものを与えてくれます。 チームは、組み合わせるべきではない特徴ではなく、その形状をカモノハシと呼ぶことに興奮しています。 その端にある尾根の形成はその中に崩れ落ちているように見え、研究チームはこの過程は氷の殻に部分的に浸透した塩水のポケットによって引き起こされた可能性があると考えている。

この地形は、本物のカモノハシを見たことがない惑星科学者によって名付けられ、黄色で輪郭が示され、尾根部分が青で示されています。

画像クレジット: NASA/JPL-Caltech/SwRI

このようなポケットは、探査機エウロパ・クリッパーにとって刺激的な間接的な標的となるだろうが、さらに興味深いのは、極氷火山活動によって堆積した黒い汚れである。

「これらの特徴は、現在の表面活動とエウロパの地下に液体の水が存在することを示しています」とジェット推進研究所のハイディ・ベッカー氏は述べた。 このような活動はエンケラドゥスの間欠泉で確認されているが、それが現在エウロパで起こっているかどうかについては矛盾する証拠がある。

このような作戦では、着陸したり、掘削したり、噴煙の中を飛行したり、氷を採取したりすることなく、内海で生命の痕跡を採取することができる。

現在、極潮の影響でエウロパの表面の地形の位置に非常に小さな変化が生じている可能性がありますが、数百万年前に 70 度以上の変化が起こったという証拠があります。

READ  ロナルド・アクーニャ・ジュニア:ナ・リーグMVP、ACL断裂でMLBシーズン残りを欠場へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です