OPEC+、さらなる減産合意に向けた会合を開始

  • 削減量は日量100万バレルに達する可能性がある-情報筋
  • サウジ大臣、空売り者に「注意」
  • OPEC+も割当量の基準を改訂する可能性がある – 情報筋

[ウィーン 3日 ロイター] – 石油輸出国機構(OPEC)とその同盟国は、原油価格下落に取り組む中、土曜日に2日間の会合を開始し、最終的に日量100万バレルの追加減産に至る可能性があるとOPECプラス関係者がロイターに語った。 サプライチェーン

ロシアと石油輸出国機構が率いる同盟グループであるOPEC+は世界の原油の40%を供給しており、その政策決定が原油価格に大きな影響を与える可能性があることを意味する。

3人のOPECプラス関係者は金曜、ロイターに対し、日曜日の会合のオプションで減産が議論されていると語った。 他の関係筋2人は、追加削減の可能性は低いと述べた。

OPECは土曜日に別の会見を開催したが、閣僚らはその後の政策決定の可能性についてコメントしなかった。

3人の関係筋によると、今回の削減は日量200万バレルと日量160万バレルの既存の自主削減に加え、日量100万バレルとなる予定で、これらは4月にサプライズ措置として発表され、5月に発効した。

承認されれば、総削減量は日量466万バレルとなり、世界需要の4.5%となる。

イラクのハヤン・アブドルガニ石油相は会合前、日量100万バレルの削減について問われ、「この数字は暫定的なもので、われわれは(まだ)こうしたことには踏み込んでいない」と述べた。

減産は通常、合意から1カ月後に発効するが、閣僚はその後に実施することに同意することもできる。 彼らは出力の一貫性を維持することを決定するかもしれません。

西側諸国は、OPECが原油価格を操作し、高いエネルギーコストを通じて世界経済を弱体化させていると非難した。 西側諸国は、ロシアのウクライナ侵攻に対する西側制裁にもかかわらず、OPECがロシア側に立っていると非難している。

これに対し、過去10年間の西側諸国による紙幣印刷がインフレを煽り、産油国は主要輸出品の価値を維持する行動をとらざるを得なくなったとOPEC内部関係者や監視関係者らは述べた。

中国やインドなどのアジア諸国はロシアの石油輸出の大部分を購入しており、西側諸国の対ロシア制裁への参加を拒否している。

基本的な話

OPECプラス大臣らは当初の予定より3時間早い日曜午前10時(日本時間午後8時)からウィーンで会合し、午前11時から総会が開かれる。

OPEC関係者2人は、各加盟国が減産を行うための新たな生産拠点についても閣僚が協議する可能性があると述べた。

このような会談は過去にも物議を醸したことがある。

ナイジェリアやアンゴラなどの西アフリカ諸国は長年、目標に沿った生産ができていないが、新たな目標が大幅な削減を強いられる可能性があるため、基準値の引き下げに抵抗してきた。

対照的に、UAEは生産性の向上に見合った基地の増設を主張しているが、それは全体の削減に占める割合が減少することを意味する。

UAEのスハイル・アル・マズルーエイ・エネルギー大臣は会合に先立ち、「需要と供給のバランスの安定を維持する決議を期待している」と述べた。

閣僚らはウィーンのホテルで記者団に語った。 OPECはロイター通信や他の報道機関の記者らの本部へのメディアの立ち入りを拒否している。

4月の突然の生産量発表により原油価格は1バレルあたり約9ドル上昇し、87ドルを超えたが、世界経済の成長と需要に対する懸念からの圧力を受けてすぐに反落した。 金曜日、国際指標であるブレント相場は76ドルだった。

サウジアラビアのアブドゥルアジズ・エネルギー大臣は先週、原油価格の下落や価格下落に賭ける投資家は「注意」すべきだと述べたが、多くの市場関係者はこれをさらなる供給削減への警告と解釈した。

国際エネルギー機関は、2023年下半期には世界の石油需要がさらに増加し​​、原油価格が上昇すると予想している。

しかし、JPモルガンのアナリストらは、米国の高水準の生産と予想を上回るロシアの輸出を考慮すると、OPECは供給調整に十分な迅速な行動をとっていない、と述べた。

JPモルガンのアナリストらはメモの中で「供給過剰になっている」と述べ、追加減産は日量約100万バレルになると付け加えた。

(アーメド・カデル、アレックス・ローラー、マハ・エル・ダハン、ジュリア・ペインによる報告) 執筆:ドミトリー・ジダニコフ。 編集:デヴィッド・ホームズ、フランシス・ケリー、クリスティーナ・フィンザー

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  オスカー 2023: アカデミーは、アンドレア・ライズボローが指名を継続することを許可します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です