SAG-AFTRA、スタジオは週末も協議継続 – ハリウッド・レポーター

SAG-AFTRAとハリウッドスタジオが新たな3年間の労働契約に関する提案を交換した緊張した一週間を経て、両者は今週後半に再び会談する予定だ。 俳優らのストライキが続く中、協議に近い関係者が明らかにした。

映画連盟とテレビ局が入手した情報筋によると、週初めの交渉セッションに出席していた同社の幹部4人、ボブ・アイガー、テッド・サランドス、ドナ・ラングレー、デビッド・ザスラウは、少なくとも当初は金曜日のセッションを欠席していたという。業界を代表してプロデューサーのキャロル・ロンバルディーニ社長が講演。

「SAG-AFTRAは、現在進行中の交渉と、SAG-AFTRA組合員に公正な契約を確保するために誠意を持って交渉することに深く焦点を当てているため、コメントを差し控える」と組合の広報担当者は述べた。 ハリウッド・レポーター AMPTPにもコメントを求められている。

新しいSAG-AFTRA契約をめぐる労使間の交渉は、ほぼ2週間の中断を経て火曜日に再開された。 その日、アイガー氏、ラングレー氏、サランドス氏、ザスラフ氏、AMPTP氏は、NetflixやDisney+などのサービスで好成績を収めた番組の制作者に報酬を与えるよう、以前の成功ベースのストリーミングボーナス案を調整するなど、いくつかの新しいアイデアを組合に提示した。 (これとは対照的に、組合は以前、ストリーミングプラットフォームの収益の一部を会員が受け取るべきであり、代わりにストリーミング購読者に請求するのは会社に任せるべきだと主張していた。)

スタジオ側はアーティストの給与ベースにも大幅な増額を提示し、初年度5%増という従来の提示額を7%に引き上げた。 (ただし、この提案は、SAG-AFTRA が当初望んでいた 11 パーセントの増加からはまだ数パーセント離れていました。)

スタジオ関係者によると、組合の交渉担当者らは選択肢を検討するために1日を費やした後、木曜、会員にストリーミング報酬を増やすための調整計画を含めた回答を提示したという。 組合は賃上げ計画を11%から9%に引き下げた。 その夜、ジュリア・ルイス=ドレフュス、シンシア・ニクソン、マーク・ラファロ、デミ・ムーアを含む何千人もの組合員が、交渉担当者に組合指導部を支持して「今すぐ屈服」しないよう求める書簡に署名した。 書簡は続けて、「困難ではあるが、我々は悪い取引をするよりはストライキをしたほうが良い」と述べた。

俳優たちのストライキから106日目を迎え、双方は妥協を迫られる大きなプレッシャーを感じている。 スタジオは2024年の放送と劇場のカレンダーを復元しようとしているが、制作における大幅な中断の後、すでに数か月間影響を受けていない。 会議が始まるとちょうど同じように、ディズニーは春の目玉のうち 2 つの延期を発表した。 白雪姫 そして写真 エリオ – 現在進行中のストライキと膠着状態の中で1年以上。 一方、労働組合は、ハリウッドの巨人たちと交渉して真の進展を図りたいと熱望するAリストの組合員からの質問に直面している。

パメラ・マクリントックがこのレポートに貢献しました。

READ  NBAオールスターウィークエンド:ステフィン・カリーがサブリナ・イオネスクを破り、バスケットボール界の最優秀スリーポイントシューターを獲得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です