WHO: 肝炎は世界で第 2 位の感染性死因となっている

最近発表された世界保健機関の報告書によると、1日あたり6,000人以上がウイルス性肝炎に感染しており、この病気との闘いの進歩は停滞しているという。

分析リスボンで今月開催された世界肝炎サミットで発表されたこの報告書は、187 か国のウイルス性肝炎の負担を調査し、この病気の撲滅に向けた世界の進歩を評価しています。

肝炎の可能性もありますが、 引き起こされた 肝炎、黄疸、発熱などの症状を引き起こすウイルスや、過度のアルコール摂取、特定の薬剤の摂取によって引き起こされることがあります。 ウイルスには主に 5 つの株があり、一部の株はワクチン接種によって予防できます。 B 型肝炎と C 型肝炎という 2 つのウイルス株は長期にわたる病気を引き起こし、B 型肝炎がほとんどの死亡原因となっています。

この病気による死亡者数は増加傾向にあり、ウイルス性肝炎は世界中の非新型感染症の中で第2位の死因となっていると報告書は指摘している。 著者らは、ウイルス性肝炎による死亡者数は、2019年の110万人から2022年までに世界中で130万人に増加すると書いている。 この間に新規感染者数は減少したものの、世界は「順調に進んでいない」と報告書は述べた。 目標 2030 年までに新規肝炎感染を 90 パーセント、死亡を 65 パーセント削減します。

ウイルス性肝炎による世界の疾病負担の3分の2は、中国、インド、インドネシア、ナイジェリア、パキスタン、エチオピア、バングラデシュ、ベトナム、フィリピン、ロシアのわずか10カ国に集中している。 プライマリケア、医薬品の入手可能性、検査、ワクチン接種における格差がこうした格差を助長していると報告書は述べている。

WHOのテドロス事務局長はニュースリリースで、「この報告書は複雑な状況を描いている。肝炎感染予防は世界的に進歩しているにもかかわらず、肝炎患者の診断や治療が不十分なために死亡が増加している」と述べた。 解放

この報告書は、進歩をさらに制限する可能性のある財政上の課題を特定しています。 しかし、WHOは、肝炎介入への公平なアクセスを拡大する公衆衛生アプローチが世界を軌道に戻し、10年末までに肝炎を撲滅するのに役立つ可能性があると結論付けている。

READ  最高裁判所の裁判の内部: 押収された電話、宣誓供述書、不信感

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です