アイオワ州の竜巻発生で十代の若者死亡、週末の死者数は5人に増加

アイオワ州ミンデン – アイオワ州国土安全保障・緊急事態管理省は日曜日に、アイオワ州の男性が金曜日の竜巻で受けた傷がもとで土曜日に死亡したと発表した。

家族によると、ミンデンのダウンタウンを大きな竜巻が襲い、男性は自宅の地下室に閉じ込められたという。 地元メディア。 初期対応により彼は解放され、金曜日遅くに病院に運ばれた。 メディアの報道では彼の状態は安定しているとされていたが、土曜日の夜に負傷により亡くなった。

猛烈なくさび形の竜巻がアイオワ州の農村地域を襲う:「すべてはうまくいくだろう」

アイオワ州知事キム・レイノルズ 災害緊急通報 人口600人にも満たないミンデンの場合。 約180戸の家屋が被害を受け、そのうち40%が倒壊したという。

ある男性の家は基礎から約20フィート吹き飛ばされたが、その男性はFOXウェザーのブランディ・キャンベルに対し、ツイスターが2階建ての家を直撃したときに家にいなかったのは幸運だったと語った。

住宅所有者のランディ・デイビスさんは、「ちょっとクレイジーだ。私はただ前向きに生きようとしているだけだよ、わかる? それはできることが限られているものの一つだ。ここは私が放っておいた場所ではない」と語った。 彼のユーモアのセンスを保つため。 「私はたくさんのサポートを受けてきました、多くの友人が助けてくれました。」

オマハ空港はEF-2竜巻により大きな被害を受けた

Fox Weatherの視聴方法

土曜日には多くのボランティアが市内に集まったが、そのうちの何人かは当局によって立ち退かざるを得なかった。 市長は、同市ではこれほどの規模の竜巻は約50年ぶりに発生したと述べた。

土曜日にオクラホマ州で殺人的竜巻が発生

金曜日に再び竜巻がオクラホマ州を襲った。 FOX 25オクラホマシティによると、ホールデンビルでは子供を含む2人が死亡した。 同州知事は記者会見で、マリエッタとサルファーでもう1人が死亡したと述べた。 これにより、週末に発生した4月の竜巻による死者数は5人となった。

竜巻の直撃を受け、オクラホマ州サルファーがほとんど認識不能になった様子をドローンで撮影した映像

国立気象局は金曜日と土曜日に80件以上の竜巻警報を発令した。 オマハ事務所は金曜日だけで42件を記録し、1日の記録を更新した。 これまでの記録は2023年5月12日の警告数33件だった。 ノーマンのNWSは土曜日、59件の竜巻警報を発令した。 1999年5月3日以来の47回という記録を更新した。

READ  Google Pixel 8A は、遠くまで行けるミッドレンジのスマートフォンです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です