トランプ大統領、市庁舎での報復と不法行為に関する質問をかわす

火曜日の夜、ショーン・ハニティは「フォックスニュース」の市庁舎でドナルド・J・ケネディ元大統領に二度演説した。 同氏はトランプ大統領に対し、来年当選した場合には大統領権限を乱用したり政敵に報復したりしないと明言するよう求めた。

2回とも、Mr. トランプ大統領は完全な否定を拒否した。

まず、Mr. 司会のハニティ氏は、選挙活動中の同氏の暴力的な発言や、政敵に対して司法を行使するという同氏の誓約を詳述する最近の報道で生じた懸念に答えるよう求められた。

もし大統領に再選されたら、権力を乱用する計画はありますか? 氏ハニティは尋ねた。 “法律を破る? 政府を利用して人々を追い詰めるのでしょうか?

共和党大統領候補の最有力候補である氏。 トランプは気が散った。 「つまり、今彼らが使っているような意味ですか?」 これに対して同氏は、バイデン大統領が司法を自分に対して武器化しているとの自身の主張に言及して返答した。 彼は遊説中、ギャングのアル・カポネよりも自分のほうが起訴された回数が多いとよく嘆いていた。

しかしトランプ氏の長年の盟友、 ハニティは明らかに満足していなかったが、5分後に再びその問題を提起した。 「今夜、あなたは米国に対し、誰に対しても報復としてこの権限を決して乱用しないことを誓いますか?」 彼は言った。

「1日目を除いて」とMr. トランプ氏はさわやかに言った。 短い沈黙があった。 「それに――」ミスター。 ハニティは少し混乱しながら答えた。

「見てください」と氏は言った。 トランプ氏はアイオワ州ダベンポートで自分を見守る群衆に冗談を飛ばした。 「彼は気が狂いそうになっている。」

そして、Mr. トランプ氏は職務を乱用するつもりはないと述べた。 ハニティが明確にしようとしたにもかかわらず、Mr.

「この男はこう言いました。『あなたは独裁者になるつもりはないでしょう?』 彼はこう言います。 トランプさん、 ハニティを指して言った。 「私は言いました、『いいえ、いいえ、いいえ、1日目を除いて』。

どちらのやりとりも、来年の総選挙に向けてトランプ氏のコメントに対する有権者の不安が高まっていることを個人的に認識しているトランプ氏チームの一部にとって、課題が増大していることを浮き彫りにしている。

バイデン氏の選挙運動それは、米国大統領職を再編し、大統領の権限を大幅に拡大し、米国政府と法の支配の中枢要素を高めるというトランプとその同盟者らによる計画に関する最近の報告を収集しようとした。

氏バイデン氏の選対本部長、ジュリー・チャベス・ロドリゲス氏は声明でこう述べた。 トランプ氏は「再選されたら何をするつもりなのか、私たちに正確に語っている。今夜彼は、初日から独裁者になるだろうと語った。アメリカ人は信じなければならない。彼を」と語った。

氏トランプ大統領のコメントは、主に友好的な領域でのインタビューとは全く異なるものだった。 氏ハニティ氏とは長年にわたる関係にある。 彼らはトランプ氏の政治的キャリアに関する過去の会話を懐かしく思い出している。

フロリダでの募金活動に参加するため、 トランプ氏が無視している討論会で、同氏はこう語った。 ハニティとMr. トランプ氏には尋ねなかった。

しかし、同氏は元サウスカロライナ州知事ニッキー・ヘイリー氏が民主党から献金を受け取っていたこと、フロリダ州知事ロン・デサンティス氏が議会で自分が支持しているように見える票を獲得したことを批判した。 社会保障を変える 利点。

ジョナサン・スワン 寄稿したレポート。

READ  バーニングマン:今日道路が再開すれば、大規模な土砂崩れに巻き込まれた数万人が避難できる可能性がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です