バイデンとトランプは討論の段階に近づいている



CNN

フルコートプレスの後 ドナルド・トランプ大統領選挙キャンペーンとその同盟者、彼と ジョー・バイデン 有権者が来年の大統領執務室を誰が務めるかを決める前に、両氏は演壇での会談にまた一歩近づくかもしれない。

金曜日のバイデン氏 彼は最も確固たる決意を示した 本選挙の討論会に向けて、同氏は広範なインタビューでハワード・スターンに対し、トランプ氏について「喜んで」討論すると語った。

「私は――どこかにいる。いつになるかは分からないが、喜んで彼と話し合うつもりだ」と大統領は語った。

これに対しトランプ大統領は、Truth Socialで「彼が本気で言ったわけではないことは誰もが知っているが、もし本気だったら、いつでもどこでも、それは過激派が使う古い表現だ」と反論した。

数週間にわたって共和党が討論会の開催を求める声を強めてきたことを受けて、こうした一進一退の状況が続いている。

その呼びかけは、プレスリリース、選挙メモ、共和党代理人との会談内容、同盟者とのインタビューなどで行われている。 主な議論は単純だ。トランプ氏は討論を望んでおり、バイデン氏は米国民に対し、すぐにトランプ氏と一緒に壇上に上がる義務があるというものだ。

「ジョー・バイデンは討論するだろうか?これは未解決の問題だ。ドナルド・トランプが壇上に上がるときはいつでも、いつでも、どこでも、どこでもジョー・バイデンと討論することを明らかにしている」と、トランプ共同陣営が木曜日に公開した公開メモの一行はこう述べている。マネージャーのスージー・ワイルズとクリス・ラシヴィタ。

前日、2016年にトランプ陣営の選対本部長を務めたケリーアン・コンウェイ氏は、副大統領のカマラ・ハリス氏は、発表が行われたらトランプ大統領が誰を副大統領候補に選ぶか絶対に話し合うべきだと述べた。

共和党全国委員会は、今月初めにCNNが入手した代理人からの発言の中で、「トランプ大統領はいつでも、どこでも、どこでも討論する準備ができている」とし、「アメリカ人は両候補を見る十分な機会を得る権利がある」と支持者を激励した。 投票を開始する前に同じプラットフォーム上で。 今月初め、トランプ陣営は 手紙を送りました 大統領討論委員会は、討論会はもっと早く行われるべきだと主張した。 このキャンペーンにはまだ反応が得られていない。 CNNを含む十数の報道機関もこの記事を掲載した 一般的な手紙 今月初め、トランプ氏とバイデン氏はテレビ討論会に参加するよう促された。

超党派の大統領討論委員会は昨年、イベントが9月中旬に始まる予定だと発表した。 しかし、キャンペーンサイクルは手数料の見積もりほどには達しませんでした 候補者がどこで何を投票するか 誰がステージに上がることができるかを決める投票があります。

共和党は移民と経済問題で大統領を厳しく責めたいと考えているが、前大統領が一日の大半を法廷で過ごしているにもかかわらず、トランプ氏とそのチームは現時点で議論を呼び掛ける熟した議論だと考えている。

議論に詳しい関係者がCNNに語ったところによると、トランプ氏のチームはさまざまな理由から、前大統領をすぐに討論の舞台に立たせたいと考えている。 今月初め、陣営は大統領討論委員会に対し、今年の総選挙討論会を「もっと早めに」開催するよう要請した。 同関係者によると、討論会は一部地域で期日前投票が始まった後に行われる予定で、トランプ大統領が決断を下す前に有権者に働きかけることを望んでいるという。

戦略の一環は、バイデン氏のチームに討論会で早期の決定を下すよう強制することだ。 トランプ氏のチームにはマイナス面は見当たらない。

」[Biden’s campaign] 同関係者は、「討論会が必要になるが、彼女がトランプ大統領についていけるとは思えない。さもなければ、なぜドナルド・トランプ大統領から身を隠しているのかを米国民に説明できないかのどちらかだ」と語った。

トランプ氏のチームは、前大統領が討論会の舞台で良いパフォーマンスを発揮できると自信を持っている。

トランプ氏の共同選挙運動マネージャー、クリス・ラシビタ氏は「彼らはドナルド・トランプ氏を法廷で黙らせることはできたかもしれないが、討論会の舞台で彼を黙らせることはできない」と語った。

トランプ氏の討論会出席歴はまちまちだ。 彼は2016年のほぼすべての共和党予備選討論会と本選挙討論会に熱心に参加した。 2020年、大統領討論委員会が新型コロナウイルス感染症のパンデミックのさなか、第2回総選挙討論会がバーチャルで行われると述べたことを受け、前大統領は第2回総選挙討論会を回避した。 前大統領は今期の共和党予備討論会をすべて欠席した。 しかし現在、トランプ陣営は、トランプ大統領が予備討論会に出席しなかったため、バイデン氏は秋に出席する必要はないという考えを押し返している。

ある上級顧問は「リンゴとオレンジを比較しているものだ」と語った。

討論会の早期開催は、トランプ氏とバイデン氏の双方にとって問題となる可能性のある第三党の候補者を排除するのに役立つ可能性がある。 候補者が総選挙の討論に参加するには、投票用紙へのアクセス、投票、憲法上の資格に関する特定の条件を満たさなければなりません。 トランプ氏とバイデン氏は本選挙の討論会に参加する資格があるのは確実だが、コーネル・ウェスト氏やロバート・F・ケネディ氏のような第三党の候補者も同様だ。 ケネディ・ジュニアが出場資格を満たすかどうかは不明だ。 大統領討論委員会は、レーバーデー後の討論会に誰が参加する資格があるかを決定しない。

同関係者は、トランプ氏は壇上で第3党の候補者の有無にかかわらず討論するだろうと主張した。

バイデン陣営の考えに詳しい関係者によると、バイデン陣営は本選挙討論会の具体的な日程や形式を急いで約束するつもりはない。

バイデン氏のチームは、トランプ氏の最近の討論への傾向を若干懐疑的に見ていた。

約2年前、共和党全国委員会は偏見を理由に、本選挙の大統領討論会を管理する超党派大統領討論委員会からの脱退を全会一致で決議した。 撤回は、トランプ大統領に代わってさまざまな手続きを変更するよう、当時のロナ・マクダニエル委員長から委員会への数カ月にわたる圧力の後に行われた。 ある時点で、マクダニエルは「将来の共和党候補者がCPDが支援する討論会に参加することを禁止する」と脅迫した。 (彼は今年初めに解雇された。)

しかし、バイデン、トランプ両氏がそれぞれの党の指名獲得に十分な代議員を獲得したため、トランプ氏は最初はバイデン氏の一般教書演説の前日に、次に今月初めに討論会の呼びかけを新たにした。 共和党が委員会を離れてからバイデン陣営に何が起こったのかは不明だ。

陣営は討論会を選挙の決定要因とは考えておらず、組織の構築、事務所の開設、メディアへの有料配信とともに、有権者にメッセージを伝えるという全体的な仕事の一部としてのみ捉えている。 と関係者は語った。 バイデン陣営はここ数週間、画面分割戦略を維持し、トランプ氏が法廷でほとんどの時間を費やしている一方で、大統領が激戦州で統治と選挙活動を行っていることを示すことに努めている。

バイデン氏はこれまでに前任者と条件付きの協議を行っており、先月記者団に対し「それは彼の行動次第だ」と述べたが、詳細については明らかにしなかった。

「私が彼だったら、私自身も議論したいと思うでしょう。 彼には他に何もすることがない」と彼は2月に語った。

バイデン陣営は、トランプ氏との2020年の討論会の経験が最終的にはバイデン候補にとってプラスになると見ている。

州全体の候補者や大統領候補者に討論会についてアドバイスしてきた戦略家や活動家らは、たとえ討論会の聴衆が長年にわたって変動してきたとしても、討論会は依然として重要であると述べている。 しかし、こうした討論会を開催する価値は、有権者がリアルタイムで候補者を並べて見るために視聴できるかどうかだけにとどまりません。

「今回の選挙では彼らが重要だと思う。誰もがドナルド・トランプがこれからやろうとしていること、大統領としてやってきたことを信じているからだが、彼らはステージ上でそれを聞き、それをジョー・バイデンの実績と比較する機会を持つ必要がある。ミット・ロムニー上院議員とロン・デサンティスフロリダ州知事の大統領討論会の準備をした同党上級討論コーチのブレット・オドネル氏は、事態は逆転するだろう」と語った。

しかし、もう一人の共和党討論コーチを長年務めたマリー・ウィル氏は、バイデン氏とトランプ氏には今回討論会に参加しない動機があると述べた。

「もし私が彼らの一人にアドバイスするとしたら、『なぜですか?』 私ならこう言います…「なぜ議論するのですか?」 つまり、有権者を巻き込むことが国にとって良いことであることはわかっているが、有権者はすでにかなり積極的に取り組んでいると思う」とウィル氏は語った。 説得できるのは限られたグループだけです。 彼らのほとんどはすでに傾き、選挙前には帰国する予定だ。 したがって、それは危険だけを残します。」

危険なのは、候補者が何らかの形で失敗したり、パフォーマンスが悪かったりして、根本的に否定的な認識を促進し、その認識が一定期間メディアサイクルを支配することである、とウィルは続けた。

「私の観点からすると、ほとんどの場合、重要なのは人々が何を見たかではなく、2、3日後に起こるメディアの報道です。そして、時には広告を作ることもできます」とウィル氏は語った。物語。 あなたはジャーナリストが書かずにはいられない内容をもたらしてくれます。」

しかし、すべての討論会を省略すれば、総選挙候補者が選挙前に討論会を開催するという数十年来の伝統を打ち破ることになる。 最初の総選挙テレビ討論会は 1960 年に行われました。 休止期間は 1976 年まで続き、それ以来、対立する 2 つの政党の候補者と、場合によっては第三党の候補者が総選挙の討論会に参加するようになりました。

READ  テスラにとって悪い年でした。 一部の投資家はイーロン・マスクを非難している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です