子宮内膜症は通常、腸や口の中に存在する細菌によって引き起こされます

衰弱性の痛みを引き起こす慢性疾患である子宮内膜症と、口や胃腸管によく見られる細菌との関連性の可能性を指摘する研究が増えている。

子宮内膜症は長年にわたって医師を悩ませてきました。 条件はおよそに影響を与えます 10パーセント 世界中の女性などの 11パーセント アメリカでは。 科学者たちは考えられる引き金について理論化していますが、現時点では根本的な原因はほとんど不明であり、治療の選択肢は限られています。

サイエンス・トランスレーショナル・メディシン誌に水曜日に発表された研究では、日本の研究者らは155人の女性(76人の健康な女性と79人の子宮内膜症の女性)から採取した膣スワブのサンプルを分析した。 彼らは、子宮内膜症の女性の64パーセントがフソバクテリウム属の細菌の検査で陽性反応を示したことを発見しました。 子宮内に細菌を保有している健康な女性は 10 パーセント未満でした。

最初の発見の後、研究者らはマウスモデルを使用して関連性をさらに調査した。 彼らは、マウスにフソバクテリウムを注射した後、子宮内膜症病変が増加することを発見した。 マウスに抗生物質を投与すると、病変の数と重量が大幅に減少した。

フソバクテリウム属には無害な株もありますが、人体に重篤な感染症を引き起こす可能性のある株もあります。 フソバクテリウムは歯周炎や扁桃炎などの口腔疾患に関連していますが、この細菌が女性の生殖器系の問題に関連付けられたのはこれが初めてです。

研究著者の一人である日本の名古屋大学大学院医学系研究科のがん生物学者近藤豊氏は、この発見は女性のヘルスケア分野における画期的な発見であると述べた。

「以前は、子宮内膜症が細菌感染によって起こるとは誰も考えていませんでした。ですから、これは非常に新しい考えです」と近藤氏は言う。

子宮内膜症は、子宮内膜に似た組織が子宮の外で増殖する病気です。 潰瘍は痛みを伴う月経痛や消化器系の問題を引き起こし、不妊症につながる可能性があります。 これまでの研究では、逆行性月経は遺伝的素因やホルモンの影響を受ける可能性があることが示唆されていますが、正確な原因は誰もわかっていません。

月経を止めるホルモン療法である避妊は、子宮内膜症の治療法の 1 つです。 しかし、それは人が錠剤を服用した場合にのみ効果があります。 妊娠を目指して薬を中止するとすぐに、痛みが再び始まります。 また、子宮内膜症患者の 30 ~ 50% が不妊症を経験しているため、耐え難い痛みに耐えながら妊娠を試みるのに何か月もかかる場合があります。

子宮内膜症の唯一の「治療法」は生殖器官を除去することです。

イリノイ不妊センターの生殖内分泌学者であるアリソン K. 氏は、この研究には関与していませんでした。 「薬で絆創膏が貼られているんです」とロジャーズ氏は言う。

「生理を止める薬をあげることができます。 避妊薬を与えることができます。 鎮痛剤を与えることができます。 外科的に切除できます」と彼女は言いました。 「しかし、原因はまだ解明されていません。原因を解明し始めれば、的を絞った治療アプローチを設計できるようになります。」

この新しい研究から決定的な治療法を導き出すことはできないが、この発見により、より潜在的な治療法の研究が促進されるだろうと近藤教授は強調する。

「これが他の患者にも実際に当てはまるなら、より多くの集団から子宮内膜症患者のマイクロバイオームを調べ、炎症を引き起こし、子宮内膜症のような組織に作用するさまざまな感染因子の組み合わせが存在するかどうかを評価する価値があるだろう」とレイモンド教授は述べた。 マノハール・アンジャンは、ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院の幹細胞生物学および再生医学研究室の所長です。

子宮内膜症を専門とするアンジャン氏は、もし絶対的な相関関係があったとしたら「驚くだろう」とし、「さらなる調査が必要だ」と述べた。

アンジャン氏とロジャース氏は、サンプル数が少なかったことに注目し、研究結果は子宮内膜症患者に自動的に抗生物質を推奨するものではないと述べた。

Still Rodgers 氏も同様に、結果が「たとえ初期段階にあったとしても」と述べています。 彼女と他の専門家は、これがさらなる研究への出発点であると信じています。

「このような研究は興味深いものです。おそらく、1,000人あたり、画期的な進歩を遂げるのは1人だけでしょう」とロジャース氏は語った。 「しかし、一部の人の子宮内膜細胞が異常に粘着性である理由がわかれば、治療の目標を検討できるようになります。」

READ  ゼレンスキー氏が欧州でさらに多くの武器を獲得する中、ウクライナはバクムートでの勝利を称賛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です